住宅ローン借り換え情報NET−住宅ローン情報総合サイト−

住宅ローン:返済

住宅ローン借り換え:元利均等返済と元金均等返済について

公的融資で住宅ローンを組んだ場合、元利均等返済元金均等返済の選択が可能です。
また、毎月返済していく場合にはボーナス期の増額返済も選択することが出来ます。
対して、民間の金融機関ではどうなっているのでしょうか。
民間の金融機関で住宅ローンを返済していく場合、基本的に元利均等返済しか選択が出来ません。
変動金利型はすべて元利均等返済を適用されていますし、固定金利特約型で一部の金融機関が元金均等返済を適用しているくらいです。
自分たちに一番合う返済方法を選びたい、ということであれば公的融資を利用したいところですが、住宅ローン借り換えの際に公的融資を選択することはできません。
ですから、住宅ローン借り換えの際には返済方法のこともよく考えてから住宅ローン借り換えを行わなければならないのです。

住宅ローン:返済

住宅ローン借り換え:元利均等返済

住宅ローン返済方法の一つに、元利均等返済というものがあります。
これは、元金と利息を合計した返済額が一定になるタイプで、毎月の返済額が一定になるため返済の計画が立てやすい、というメリットがあります。
しかし、この元利均等返済には注意が必要です。
住宅ローンの返済が始まった当初は、利息分の返済の割合がとても高くなっていますので、早めに住宅ローンの借り換えを行うと元金がほとんど減っていない、という状況になってしまうのです。
元利均等返済は、計画的な住宅ローンの返済を行うにはとてもいい返済方法です。
しかし、住宅ローンの借り換えを行おうと思っている方は、返済方法を考え直したほうがいいかもしれません。

住宅ローン:返済

住宅ローン借り換え:ボーナス返済

住宅ローンを借りる際には、ボーナス返済というものが認められています。
これは、会社から賞与が支給される月の返済額を増額するというもので、住宅ローンを組んでいる方であればほとんどの方が利用しています。
しかし、このボーナス返済にも注意が必要なのです。
最近では、ボーナスの支給額が減額、悪ければボーナスカット、などということも仕方ないと言える経済状況となってきました。
当初、住宅ローンを組んだときに見込めていたボーナス返済が出来なくなってしまう、という恐れもあるのです。
ボーナス返済での返済に偏った住宅ローンの組み方をするのは、非常に危険なことです。
万が一の時にはすぐにでも住宅ローン借り換えを行えるよう、常にそれだけの貯蓄をしておくことも、住宅ローンを利用する際には重要なポイントになってきます。

住宅ローン:返済

住宅ローン借り換え:返済負担率

住宅ローンを利用する際には、各金融機関ごとに返済負担率というものが定められています。
これは、基本的には他の借入金返済額を含めた年間の返済額や、年収の区分などによって決められています。
年収が400万円未満であればその20%以内、600万円までなら30%以内、それ以上になったら35%以内…というように、段階的に返済負担率が定められているのが普通です。
最近では、長年同じ会社に勤めていたとしても年収アップはあまり見込めない、という時代になってきました。
家庭内の年収が下がってしまって、その返済負担率をオーバーしてしまった場合には、住宅ローン借り換えなどによって返済負担率を調整することをオススメします。

住宅ローン:返済

住宅ローン借り換え:返済計画

住宅ローンを組む際には、その住宅ローンの返済が完了するまでの返済計画をしっかりと立ててから利用しなければなりません。
住宅ローンを「借りられるだけ借りる」ということをしていると、返済の途中でリストラや育児のための退職などの理由で、返済が滞ってしまうことが考えられます。
住宅ローン借り換えを行うにも、それだけの頭金が必要になってきますよね。
だからこそ、最初に住宅ローンを利用する際には、自分が毎月どれだけ返済していけるのか、収入のあてははっきりとしているのか、どれくらいのペースで返済していかなければならないのか、などのことを、はっきりと明確にさせてから契約をしましょう。
また、万一の場合に備えて、いつでも住宅ローン借り換えを行えるだけの貯蓄をしておくというのも大事なことです。

住宅ローン 収入合算

住宅ローン借り換え:収入合算

収入合算とは、住宅ローンを組む際に子供や配偶者の収入も合算して、融資可能額を設定することです。
民間の金融機関では、住宅ローンを組む際にこの収入合算を認めているところがいくつかあります。
この収入合算、最大のメリットはやはり融資可能額の増加が見込めることでしょう。
ただし、この収入というのはパートなどは含まれず、定期的に安定した収入があるということが条件となっています。
子供の教育で妻が専業主婦になった場合や、子供が結婚して家を出ていってしまった場合など、返済が出来なくなってしまうケースもあるというのが、この収入合算のデメリットとして挙げられます。
このような事態はよくあることですので、収入合算を利用する場合は住宅ローン借り換えのことも合わせて考えておいたほうがいいでしょう。

住宅ローン 抵当権

住宅ローン借り換え:抵当権とは

住宅ローン借り換えのとき、問題になってくるのはやはり抵当権のことです。
金融機関同士の問題ですのであまり実感はないかもしれませんが、この抵当権とは一体どのようなものなのでしょうか。
住宅ローンを組む際の担保は、住宅ローンの対象となっている物件そのものです。
しかし、住宅ローンの担保とはいえ、私たちは住宅ローンを組んでいてもその家に住んで暮らしていますよね。
このように、担保を債務者の元に残しておいたまま組み、支払いが滞ったときには債権者がその担保から優先的に弁済を受ける、という権利のことを、抵当権といいます。
住宅ローン借り換えの際の抵当権の受け渡しについては、住宅ローン借り換えを行った本人も立会わなければなりません。
抵当権についての知識を備えて、その場にのぞみましょうね。

住宅ローンの借り換え

住宅ローン借り換え:金利と返済額の関係

住宅ローン返済中、もっと金利の低い住宅ローンが登場してきたら、みなさんは当然住宅ローン借り換えを行いますよね。
では、先に高い金利で住宅ローンを組んだ皆さんは、それだけ損をしているということでしょうか。
実は、そうとも言い切れないのです。
住宅ローンを組むとき、たとえば年間150万円ずつ返済していくとしますよね。
金利が2.5%で35年返済のとき、皆さんが借りられる金額は3500万。
しかし、この金利が1%でも上がってしまうと、皆さんは同じ条件で3000万円しか借りられなくなってしまいます。
この結果起こるのが、住宅物件価格の引き下げ。
ですから、金利が高い時期に住宅ローンを組んで住宅を購入した皆さんも、あながち損をしている、とは言い切れないのです。

住宅ローンの借り換え

住宅ローン借り換えとゼロ金利解除

ゼロ金利解除に伴い、短期固定金利・変動金利に住宅ローン借り換えを行う人が多くなってきました。
ゼロ金利解除というのは、預金時の金利が高くなるという、一見とても嬉しいことのように思います。
しかし、住宅ローンを利用していた方にとって、このゼロ金利解除というのはかなりの痛手になることだってあります。
ゼロ金利解除では、住宅ローンなどのローン金利も引き上げられることになりますから、場合によっては金利だけで数百万近くも損してしまう可能性だってあるのです。
2006年よりも前に、短期固定金利や変動金利で住宅ローンを組んでいた方は、是非長期固定金利への住宅ローン借り換えをオススメします。

住宅ローンの借り換え

住宅ローン借り換えの目安

住宅ローン借り換えを行う目安、というのは、どのようなものでしょう。
住宅ローンの借り換えには、住宅ローンを借りるときと同様、かなりの頭金が必要になってきます。
この頭金を出さなければならないわけですから、そうそう何度も住宅ローン借り換えを行うのは難しいですよね。
では、どういったタイミングで住宅ローン借り換えを行えばいいのでしょうか。
一番分かりやすいのは、自分たちの現在の収入が大きく変わったときです。
月々の返済が出来なくなるほどになってしまうのであれば、それまでの貯金をはたいてでも住宅ローンの借り換えを行ったほうがいいでしょう。
他にも、金利が大きく変わってこのままの金利では明らかに大きな損害が出る、という場合や、今の金利よりももっと安く返済が出来る、という住宅ローンを見つけたときも、住宅ローン借り換えの大きなチャンスといえます。
繰越返済等の手数料がかからないところがいい、という理由で住宅ローン借り換えを行う方もいますから、少しの出費をも惜しいと思っている方は、早めに住宅ローン借り換えを行ったほうがいいでしょう。
住宅ローン借り換えは、やると決めたら早めに行う、というのも、住宅ローン借り換えで得をする大きなコツとなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。